なぜ11月5日が
「縁結びの日」なのかというと、
11月5日という日付が
「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)
という語呂合わせであることが
由来となっています。

また、
旧暦10月(新暦11月ごろ)、
出雲大社に全国の神様が集まり
縁結びなどの会議をすると
されていることも由来となっています。

「縁結びの日」については、島根県の
神話の国・縁結び観光協会によって
制定された記念日となります。

一般的には縁結びといえば、
男女の縁を結ぶものとされていますが、
恋愛などの縁以外にも、
仕事の人間関係や商売相手など、
良縁には恵まれたいものですよね。

しかし、実は既に
交際相手がいる状態で、
しかもカップルで
縁結びの神社にいってしまうと、
そのカップルは別れてしまう
という迷信があるそうです。

縁結びの神社へ
カップルで行ってしまうと、
縁結びの神様が
やきもちをやいてしまい
そのカップルを別れさせようと
するそうなんです。

そもそも縁結びの神社については、
一人で参拝した方が
ご利益があるとされているため、
恋愛以外の良縁を結びたい場合には
神社によっては一人で参拝した方が
良いかもしれませんね。