6月17日は、
「おまわりさんの日」です。

なぜ6月17日が
「おまわりさんの日」なのかというと、
1874年6月17日に
巡査制度が誕生するのと同時に
警察官という職業が
誕生したことが由来となっています。

同年である1874年に
交番制度も開始されることとなりました。

しかし、当時の交番は
現代で想像される交番とは
かけ離れたものでした。

そもそも建物が存在せず、
警察官が交差点などで立って
市民の安全を守っている場所の事を
交番と呼んでいたそうです。

そのため、当時の警察官は
たとえ雨が降っていようと
そこに立っていなければならず、
とても過酷な職業だったことが
わかりますよね。

まれに警察官の不祥事が
目につくようになってきましたが、
普段から市民の安全を守るために
命を掛けている善良な警察官からすると、
やり切れない気持ちでしょう。

あくまで市民の安全を守る警察官が
不祥事を犯してしまうからこそ
注目を浴びるのであって、
大多数の警察官は、
常日頃から市民の安全を
守っているのです。

改めて常に
警察官への感謝の気持ちを
忘れないようにしましょう。