地役権ってご存じですか。

土地探しをいつもしている渡邉雄太郎です。

新しく犬山で土地の販売されましたが、

その物件は地役権がついている為、

建設や建築物、それから樹木など

その敷地で行う際、その地役権には範囲があり、

地役権の設定されている範囲には建築行為などが、

制限されることがわかりました。

物件を見に行くと送電線が土地の上を通っている為、

その地役権が設定されております。

このような物件もありますので、

土地探しは難しいですね。

ネットだけで判断するのが難しいなと思う一日でした。

地役権について

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

地役権とは設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利である(第280条前段)。地役権が設定された場合に、便益を供する側の土地を承役地(しょうえきち)、便益を受ける側の土地を要役地(ようえきち)という[1][2][3]。地役権は承役地の利用により要役地の使用価値を高めるものでなければならない[2][4][5]

地役権に限らず一般に役権(えきけん)とは、他人の所有物を一定の人あるいは物のために利用する権利を指すローマ法以来の概念で、前者を人的役権、後者を物的役権といい、自己の土地の便益のために他人の土地を利用することを内容とする物的役権が地役権ということになる[6]

地役権の具体例としては、用水地役権(引水地役権)、通行地役権、眺望地役権(観望地役権)、送電線地役権、湧水池地役権、浸冠水地役権(遊水地地役権)などがある[1][2][7]。なお、用水地役権については285条に規定がある。

地役権 – Wikipedia

URLをご覧ください。

雄太郎日記でした。