casa skip

casa skip

スキップフロアとは、建築物において、その床面の一部に高さを変えた部分を持たせた構成のことである。小上がりとも呼称される。

建築は一般に、多層化・高層化する際にも、ひとつの床高さをできるだけ広く設定して平面方向だけでの移動を多くするよう考慮する。この結果として、同じ平面形が上下に積み重なるビルディング状の建物が生まれるが、スキップフロアは、ひとつの建築平面を同じ高さに揃えず、部屋ごと区画ごとにあえて高さを変え、また、その高さが違うフロアを繋ぎながら徐々に上層階へと結んでいく。

このような方法を採る理由は様々だが、建築の敷地に勾配があり、ある程度これに沿って建築した場合のずれの吸収や、部屋によって天井高を変更したことによる段差の解消などにも用いられる。平屋の建物にあっても、場所によってレベルが異なる構成もスキップフロアと呼ぶ場合がある。(wikipedia)より抜粋

上記の記述は、ウィキペディアからの抜粋です。
このcasaskipは、人気のあるスキップフロアを採用し 、スキップフロアの構造上必要となる、構造計算をした上、省エネ性能も兼ね備えた、長期優良住宅仕様の傑作です。

デザイン住宅シリーズとして、当社が初めて採用した住宅でもあり、自信作です。
「あこがれのデザイナーズ住宅」が実現するうえ、丈夫で長持ち、無垢の床、といったあれもこれも欲張った住宅です。

半年間モデルハウスとして活躍しましたが、同時分譲であったため、現在は売却済みとなりました。

現在新しいカーサスキップを建築中で、この秋完成予定です。(2017)年。