20代でマイホーム

結婚をしてお子さんが増えてくると、賃貸では手狭になってくると思います。
お子さんの成長に合わせてお住まいを考えてみませんか?
マイホームと聞くとお金にかかるイメージを持つと思いますが、毎月支払う家賃と変わらない金額で家を建てることも可能です。
下の住民やお住まいの傷など考えるとマイホームは理想の子育て環境です。

ばたばた走り回れるリビング

子どもはのびのびと育つのが一番です。マイホームなら下や近所の騒音などを気にせずリビングを走り回ることができます。
走り回れるように、広さを確保するために、間仕切りを少なく、リビングとダイニングを一つの空間にすることで、開放的な走り回れる空間が作れます。
子供が走れるリビングで明るい家庭を築きませんか?

電磁波も防ぐ
家電などの進歩により電磁波を発する物が増えています。
それにより電磁波過敏症になる子どもも増え、倦怠感や慢性疲労などにもつながり、お子さんの成長にも悪い影響を与える可能性があります。
長く生活をする住まいだからこそ、少しでも電磁波のリスクを防ぐことでお子さんの成長の手助けをします。

20代でも共働きなら十分に立派な家を持つことも可能です。
賃貸物件はいくら家賃を払い続けても自分の物にはなりません。家賃と同等程度の金額でもマイホームを持つことはできますし、共働きなら子育てをしやすい豪華な家に住むこともできます。
これ以上、住宅ローンの金利はこれ以上下がらないと言われている今だからこそ20代からのマイホームがおすすめです。

子供をみながら料理ができるキッチン
お子さんが小さい場合、お子さんからなかなか目が離せませんよね?
そんな、子育て中のお母さんのことを考えた、子供をみながらお料理ができるキッチンをご提案します。家事の動線だけではなく、同時にお子さんがお怪我などをしないようにお料理をしながらお子さんの姿を見ることができるキッチンを考えます。

シューズクローゼット
収納が足りなくてシューズやお子さんの遊具などで散らかっていると、せっかくのお住まいが台無しです。シューズクローゼットを作ることで、お子さんがお庭や公園などで遊ぶための遊具などを効率よく収納することができます。
玄関が使いやすくスッキリすることで快適な生活環境を実現できます。

親からの援助がある?
親や祖父母などからの住宅貸金の贈与は、一定額まで非課税だということをご存知でしょうか?通常贈与税は、年間110万までしか非課税になりませんが、住宅購入や新築時に賃金提供をしてもらう場合、最大1200まで非課税となる「住宅習得貸金贈与の非課」という制度があります。
消費税が10%に引き上げられると最大3000万まで引き上げられます。

安定した環境を手に入れたい
家を早いうちに持つメリットはいくつかあります。
住みやすい家を手に入れるというだけではなく、万が一の時の保証となります。
住宅ローンを組むということは同時に団信保険に加入することになります。
旦那さんが亡くなった時に住宅ローンどうしよう?と悩むと思いますがこの保険があることによりもしもの時には住宅ローンが無くなる保険です。賃貸の場合、旦那さんが亡くなったとしても家賃は支払い続ける必要がありますが、マイホームの場合そのリスクはなくなるため安定した環境を手に入れる事ができます。